リフォーム・リノベーション・店舗設計施工 イースペース株式会社 | 恵比寿、代官山、広尾、渋谷、目黒、品川、世田谷、港区、杉並、中野、吉祥寺、自由が丘、三軒茶屋、武蔵野

マンションリノベーション・店舗リノベーション イースペース株式会社

E-SPACEでできること

ショップデザイン事業

「クライアントにとっても、来店者にとっても、楽しく満足度の高い空間を実現させます」

クライアントが何を考え、どんなイメージを求めているのかをくみとりクライアントの立場、視点を理解しプロジェクト全体の企画及び管理進行を通じて付加価値のあるコンセプト、デザインを提案し、魅力ある空間を創りあげていきます。 同時に、話題性や集客を意識し、訪れるお客様にとっても、楽しく、満足していただける様な空間づくりを目指します。

業務内容

新規店舗のスケルトン状態からの企画・デザイン・施工業務/既存テナント設備を生かした店舗のリノベーション業務/物件探しからPRまでのトータルマネージメント業務/新規開店事前サポート業務/店舗什器制作

新規店舗のメリット

ゼロから自分の思い通りの自由度の高い空間を創ることができる。

既存店舗のリノベーションのメリット

既存の設備を利用するので、コストを抑えることが出来る。

既存物件の注意点

既存の設備を利用するので、設備の不具合が発生することがある。
既存のレイアウトがある程度決まってしまっているので新規の工事に比べて空間の自由度が制限されてしまうことがある。

物件選びの際のポイント

契約面積と専用面積の確認をしておく。基本的に工事可能なのは専用面積部分です。

(契約面積=借りる部屋(専用面積)+廊下やトイレなどの共用部分を含む場合があります)

契約時の電気容量、空調・換気・給排水設備状況、共用部分等その使用料費用負担区分等を確認すること。

機器を使用するための容量が足りなければ、容量を増設する必要があります。
またEVや、警備機器、施設管理費、共用部利用料など、物件によって異なりますので、確認が必要です。

造作制限等の把握をすること。

大型商業施設等では、店内の統一感を図るため、境界線から○mまでは高さ○○cmまでといった規制があることもあります。

消防、建築等の法的規制がかからないかを確認する。

希望する設備、造作、レイアウトがあっても法令的に制限されてしまうケースがあります。
またそれを可能にするために、工事項目が増えたりといった余計なコストがかかることもあります。

近隣住民、近隣店舗の状況を把握する。

音や匂い等、近隣とトラブルになるような事例を事前に確認しておくことも大切です。
防犯面や隣接店が飲食店であれば衛生状況も確認しておくことをお勧めします。

現状回復等の線引きを確認しておく。

テナント契約の際は、ほとんどのケースで退去時の現状復旧を求められます。
どこまでの復旧を指すのかを後々のトラブル回避の為、把握しておく必要があります。

私たちは物件探しから一緒にお手伝い致しますので、綿密な打ち合わせをしながら、クライアントのご希望する条件にあった計画を実現するための的確なアドバイス、お手伝いすることができます。 首都圏近郊をはじめ、全国に対応致します。特に恵比寿・代官山・渋谷・目黒・広尾エリアは弊社は得意としておりますので、こちらのエリアで出店をお考えの方は是非ご一報ください。

←前のページに戻る。